Profile| Calendar| NewEntry| Category| Comment| Archives| Link
 テストで点が取れないのは、学校や塾の授業をまじめに聞いていないから?

国語。

まじめに授業を受けてノートもしっかりとっているのに、テストになると点が取れないのはなぜ?

まじめに授業を受けているのに、テストで点が取れないなんて、なんか理不尽。

 

生徒、児童であるご本人さま、あるいは保護者の方でこんな感想をお持ちの方は多いのではないかと思います。

不思議といえば不思議なのですが、ある意味当然といえば当然の結果だと思います。

なぜなら、国語の授業は読解指導のみで、その読み取ったことをテストでどう表現するのか、どう書けば自分の読解をテストの解答用紙上で表現したことになるのかについては、指導されていないことが多いからです。

もしこのコラムをご覧の方が保護者の方、大人の方なら、ご自身の受けていらっしゃったこれまでの国語の授業を思い出してください。

 

授業ではまず、大まかにあらすじを取り、新出漢字の練習、難解語句、重要語句の語意の説明。さらに本文を部分に区切り(小説物語なら場面ごと、説明文、評論なら形式段落→意味段落への)詳細な読解へと進みます。そして、その後中間考査、期末考査(小学校ではこういった明確な名称は使いませんが、時期的にみればそういったテスト)が行われます。

問題はその後です。

粗い授業だと、テスト返却後、模範解答はコレコレだ、正しい選択肢はコレコレだ、正しい抜き出しの答えはコレコレだというのをプリントしたものを配るだけ。少しましなクラス、授業担当者だと、何でそうなるのかを少しは理由をつけて説明する。それで終わりです。

テストの問いに「○○の理由を説明した所として最もふさわしい部分を抜き出せ」とある。「ココだ」と思って抜き出した。先生もそこ

()「○○の理由を説明した部分」ではあるとは言う。しかし「最も

(・・)ふさわしい」のはそこではなく、コッチだと言う。どうして「ココ」より「コッチ」が「最も

(・・)ふさわしい」のか、なんだかもやっとしたままチャイムが鳴る。

あるいは、読み取ったところは先生の言うところと自分がココだと思ったところは同じなのに、「おまえの書いた内容はそれとは違う(あるいは、そうは読み取れない解答になっている)」と言われる。たしかに模範解答とは違う。でも、その違いが△になるほどの、あるいは×になるほどの違いだと言われる理由がわからない。また、どうしたら先生の言うように書けるのか誰も教えてもらえない。

 

大事なことが抜けていると思いませんか?

    文章に関して、私は先生の解説してくれた読解と全くちがう読解をしていた。故に記述も抜き出しも、選択肢もそれぞれの設問で×だった。これはいいでしょう。読解ミスなのですから読解からやり直してみましょう。

問題なのは次のケースです。

    文章に関して、私は先生が解説してくれた説明とほぼ同じ読解をしていたと思う。先生の解説を聞けばそれは解る。それに関しては全く異論はない。そう思う。だから、そう思った通りに書いた。でも、「先生は君の解答はそう解釈したとは読み取れない」と言う。故に×だ、大幅減点だと言う。

読み取った内容は先生と同じだ。それと同じ内容をもつ選択肢はアだと思ったからアだと答えた。ところが、「アの内容はそれとは違う。一致しているのはイだ」と先生は言う。自分が選んだ選択肢が正解の選択肢より劣っているのは、説明を聞けばわかる。でもテスト中にそういうことがわかるようにするためにはどうしたらいいのかは、だれも教えてくれない。抜き出しも同じ。後で比べれば、たしかに自分が抜き出した場所が模範より劣るのはわかる。でも、テスト中にどうしたら、そんな比較ができるのかがわからない。

 

つまり、国語のテスト後の解説では最悪の場合は「模範解答を教えられるだけ」。そして、よくて「なぜ君の解答が×なのかを指摘してくれるだけ」。

どうしたらテスト中に「自力で正答にたどり着けるのか、その道筋を教えてくれる」人はほとんどなかったのではないですか。

極論すれば、読解は指導してもらっていても、それをテストの答案でどう表現すればよいのか、それを教えてくれる人はいなかった。

 

ほとんどの子どもたちは、しっかりとした読解の授業を受けているとは言えるのですが、読み取った内容を答案上でどう表現したらいいのか(「どう答えたらいいのか」「どう答えると自分が読み取ったことを正しく表現したことになるのか」「どの選択肢を選べば、自分の読解を反映したことになるのか」)といった指導を受けていない可能性が高いのです。

 

したがって、読めているのに答えられないという子どもたち、わかっているのにそれを表現できない子どもたちがいっぱいいるのです。

 

もちろん、いわゆるセンスのいい子は誰も教えてくれなくてもそうした答えを作る、判断することが可能なのですが、多くのお子さんは何らかの形でルール化して覚えることでしか、正しく答えることができません。

何をルール化すべきか、何を自力でつかませるかについてはお子さんごとに個人差がありますから、指導者はそれを適切に判断しなくてはなりません。


| 18:26 | 国語のテスト | comments(0) | - |
page top
page top









| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top | (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.